1. ホーム
  2. 黒崎仙狭/広田町

黒崎仙狭/広田町

黒崎仙峡 観光の楽しみ方

  • 陸前高田市広田町(広田半島)の岬のひとつ、『黒崎仙狭』(くろさきせんきょう)。
    もうひとつの岬で「広田崎園地」から車で約5分といったところでしょうか。

    黒崎仙狭付近には、日帰り入浴も楽しめる「黒崎温泉」や陸前高田市指定の無形文化財“梯子虎舞”が奉納される「黒崎神社」があります。

    長い年月をかけて潮流や波が陸地をおかし岩肌を削り取っていく海蝕(かいしょく)の影響で形成され出来た黒崎仙狭。
    峡谷断崖を挟んだ岩上に、直径約2mくらいの大石塊が2個相対してあり、天狗がお手玉をして遊んだと伝えられています。
    また、承安二年(1172) 鎮座黒崎神社誌より、
    「黒崎仙峡の岩頭に立てば万里の潮風に心身抱かれ、洋々たる前面を見渡せば煙波正に渺々とした大海原は、人をして陸上古今の変遷を超越し神代の感を抱かしめる」
    と、詠われました。

    海蝕景観の黒崎仙狭を観光するための遊歩道・散策路が整備されており、岬の先端には展望台もあって三陸海岸の雄大な景色を一望できます。
    ゴツゴツとした険しい岩肌、母親のように優しく包んでくれるような太平洋の大海原のコントラストを観ると、自然が創り出した絶景にどこかふわふわとした不思議な気持ちになるようです。

    黒崎仙峡を含む広田半島は、『みちのく潮風トレイル 陸前高田市ルート』の広田半島周遊1日コースに選ばれており、トレッキングファンにも親しまれているウォーキングコース。
    周辺散策だけでももちろん楽しめて、ちょうど良い運動にもなりますが、お時間のある時は広田崎園地までのウォーキングもぜひ楽しんでみてください!

    黒崎仙峡を楽しまれたあとは、少し降りると玉石の広がる海岸へ出ます。色とりどりお気に入りのキレイな玉石を見つけてみてくださいね。

    観光におすすめの時間帯は午後から夕暮れ時にかけてでしょうか。
    西に沈もうとする太陽の様々な変化を楽しめますし、散策路の松林から透けて見えるオレンジに輝く木漏れ日は本当に幻想的です。

1日8時間!?「みちのく潮風トレイル」で楽しむトレッキング・ウォーキング

  • <トレイル>

    本来は登山道といった“自然散策ルート”や“自然歩道・自然遊歩道”を意味します。

    「歩く時代から 歩いて旅する時代へ・・・」

    健康と自然志向のライフスタイルへの関心が高まるなかで、「自然、環境、旅、健康、学び」などのニーズは、「歩く」から、さらに「歩く旅」へと進化しています。
    ロングトレイルは、自然環境の適正利用による観光活性化が目標の一つであり、地域社会に大きく貢献しようとしています。
    海外では多くの方々に親しまれているレジャーのひとつです。
    自然観察や地域・場所によって変わるコースの難易度、さらには森林セラピー効果、地域交流、ダイエットなどなどたくさんの体験と楽しみ方があります。


    『みちのく潮風トレイル』は、青森県八戸市蕪島から福島県相馬市松川浦までの全長1,000kmを超えるロングトレイルです。
    環境省、ルートが通る4県28市町村、民間団体、地域住民の協働でつくられました。東北太平洋沿岸ならではのダイナミックな景観に富んだルートが特徴です。人々の暮らし、歴史・文化、森里川海がもたらす豊かな恵み、やませや津波などの自然の厳しさが重なり合いながら繋がっています。


    <みちのく潮風トレイル・陸前高田ルート>

    東日本大震災を引き起こした自然の脅威と、復興の力強さを感じることのできるルートです。
    震災により特に大きな被害を受けた高田松原の周辺には、奇跡の一本松をはじめとする多くの震災遺構があります。
    また、広田湾の牡蠣筏(いかだ)や米崎町のりんご畑など人々の生業が生み出す風景も楽しむことができます。

    コースは2つ。

    ▼広田半島周遊 1日コース

     距離:24.1キロ 時間:8時間20分

    今回ご紹介した「黒崎仙狭」をはじめ、広田崎や小友浦、小祝浜などの海岸沿いをトレッキングするコースです。
    三陸海岸特有の地形や海の薫りを感じながら歩くこと8時間以上のロングトレイルです。アップダウンもあり、スリリングな旅を楽しめます。

    ▼脇ノ沢駅~長部駅 半日コース

     距離:9キロ 自館:3時間

    その味わいが評判を呼び、需要に生産が追いつかないほど人気の「米崎りんご」の林檎畑を眺めながら、一路、震災遺構「旧道の駅」や復興のシンボル「奇跡の一本松」を目指します。
    比較的平坦な道のりで短時間ということもあり、老若男女楽しめるコースとなります。


    特に許可なくどなたでも、いつでも楽しむことができる手軽さもありトレイルファンはどんどん増えています。
    暖かいシーズンなどを利用して、ご旅行と合わせて楽しんでみてください♪

大迫力!20メートルのハシゴの上で踊る虎舞 『梯子虎舞』

  • 黒崎仙狭のほど近く、「黒崎神社」4年に1度開催される例大祭で披露される伝統神事の通称『梯子虎舞』(はしご・とらまい)。
    長さ約20メートルの梯子を50度程の傾斜で立てた上で踊る虎舞で、曲芸的な舞により鑑賞的な要素が強く、正式名「風流唐獅子曲乗之体」と云われています。
    神代の昔、ある神様がお供を連れて出雲の国に赴く途中、谷間の崖で一頭の唐獅子に行く手を阻まれた際、一行の中の才坊という者が身拍子よろしく唐獅子を岸崖の上へと誘っていったお陰で無事出雲へ到着できたとの伝説があり、この唐獅子と才坊の様子を再現したものと伝えられています。

    近くまで寄って見上げることができ、その迫力は見ごたえ充分です!
    毎日のように練習に練習を重ねた地元の若者の見事な曲芸は、不思議と危ないと感じることが無く、神秘的な雰囲気に包まれます。まさに神事の織りなす妙技といったところでしょうか。
    また、梯子を囲むように、若い女性たちによるお囃子も微笑ましく、古くから愛された神事なのだなぁと感じます。

    昭和53年陸前高田市無形民俗文化財指定
    開催場所 陸前高田市広田町字黒崎地内

黒崎仙狭 フォトギャラリー

黒崎仙狭|基本情報

見学可能時間いつでも見学・散策できます。
夜間は周囲に外灯がないため日中の明るい時間がおすすめです。
所在地〒029-2208 岩手県陸前高田市広田町黒崎
駐車場<無料>
充分な広さで、大型車両も駐車可能です。

アクセス キャピタルホテル1000からの行き方